縮毛矯正とトリートメントなら高円寺の美容室envie


 
 
めっきりブームの去った感のある「水パーマ」ですが、大きく分けて2種類のタイプがあります。
 
スチームを使って薬剤の浸透を良くするタイプとスチームでクリープ期というのを利用してパーマのかかりを良くするタイプ。
 
ちょっと前に流行ったのは前者の「浸透タイプ」ですがアンビーで採用しているのは 後者の「クリープ期タイプ」となっております。
 
水パーマは通常のパーマより傷みが少なく、パーマが取れにくいのが特徴です。
通常のパーマよりダメージレベルや髪質に対しての対応力があり、
デジタルパーマが苦手な細かいウェーブやショートのパーマなどデザインの幅が広いのが特徴です。
 
欠点は通常のパーマと同じく矯正した髪にはパーマをかける事が難しい事です。

 
潤い♪水クリープパーマ(カット、ブロー込)       ¥12,000(+tax)

 
 
髪に合わせた薬剤とヘマチンとスチームによる「クリープ期」を利用して
ダメージを抑えつつしっかりしたパーマを形成出来ます。
傷みがすくなく多様なデザインに対応出来る事が特徴でパーマの持ちも
通常のパーマより良くなっています。

※縮毛矯正やデジタルパーマをした髪には不向きです。

 
<使用薬剤>2009.8月現在
リトルサイエンティスト オレンジコスメ リスペクツ エルマン インサイト他
 
<使用処理剤>
ケラチンppt cmc キトサン誘導体 アルギニン ヘマチン   
新型cmc「ジラウロリルグルタミン酸リシンNa(ペリセア)」」等各種。杉並、中野地域で唯一「ナノモイスチャー」の使用を開始しました!