縮毛矯正とトリートメントなら高円寺の美容室envie

縮毛矯正 Q&A

縮毛矯正で多い質問をまとめてみました。

 

A 必要でとても大事な事です。LinkIcon使用薬剤のについてもっと詳しく

 
同じ頭髪でも部位によってダメージやクセの強さはもちろん太さや性質も違います。またデザインにによってボリュームを抑えたい、ボリュームを残したいなどによっても塗布する方法や薬剤を変えています。また根本のみの施術の場合は必要な部分以外には薬剤をブロックする保護薬剤でしっかりカバーして余計なダメージを与えないようにしています。

 

A 特別な名前はありません。

 
envieの縮毛矯正には「リシオ」「リペア」などと言った固有の名前はありません。
多くの薬剤から現時点で最も良いと思うものを髪質やクセ、ダメージなどによって変えているため、常時10〜20種類の薬剤を使用しております。必ずしも「種類が多ければ良い」という事では有りませんが、通常のサロン同じ(2〜3種類)よりはかなり対応出来る幅が広く設定出来ます。ただ薬剤を多くそろえる事は誰にでも出来ます、大切なのはその薬剤をどこ迄使いこなせるかにかかっているのです。

 

A 多くの薬剤の中から最適な薬剤をそのつど使っています。

 
縮毛矯正の薬剤は「強い」と「弱い」だけで分別されて訳ではありません。
まずは使用される主剤の性質。(チオ、シス、システアミン、スピエラ、チオグリセリン、サルファイト等)
主剤の濃度。薬剤のPH。薬剤の還元力。薬剤が得意とする毛質。
薬剤によって引き起こされるダメージ。
これらを現在4つのクセタイプ、9つの毛質、10段階のダメージレベルを診断し6種類の主剤との相性、クセやデザインによって薬剤を選定します。その為には多くの薬剤から選ぶスタイルを現在のenvieは選択しています。

LinkIcon使用薬剤についてもっと詳しく

A 癖を伸ばすのが縮毛矯正、弱いパーマを落とすならストレートパーマです。

大きな違いは上記にもありますが伸ばす力の違いになります。
ストレートパーマは薬剤のパワーのみに頼る施術なので弱いパーマを落とす程度の力しかありません。
縮毛矯正は薬剤+熱+乾燥の力で癖を伸ばしつつ固定するので、癖を伸ばす事が出来ます。
 
ダメージも薬剤のみに頼るストレートパーマは薬剤ダメージが非常に強く出やすいのが特徴です。
縮毛矯正は行程、技術レベルにによりダメージが変わります。
 
癖を伸ばしたい場合は縮毛矯正をお勧めします。
 

 

A どちらも長所や短所があります。

 
ブロー矯正(ノンアイロン矯正)は自然なデザインが作りやすく熱ダメージが少ないですが、持ちが悪くなりやすく強めの薬剤を必要とします。
アイロン矯正はしっかりと伸びて、持ちも良いですが熱ダメージを受けやすく、単調なデザインになりやすい特徴があります。
アンビーではこの二つの長所を生かし、ブロー矯正で熱ダメージを抑えて大まかなデザインを作ります。その後矯正の持ちを良くするためにアイロン矯正していきます。こうすることで、強い薬剤のダメージや熱ダメージを抑えた自然なデザインの矯正をしています。

 
A クセの強さ伸びにくさによって変えています。
 
比較的envieでは強い癖の方が多いのですが、来店される約10%〜15%程度の「よそで断られた」「満足に伸びた事が無い」というお客さまの中で特殊な施術が必要な方をスーパー縮毛矯正で施術させて頂いております。所要時間がナチュラル縮毛矯正が3時間前後、スーパー縮毛矯正が平均4時間前後となっております。稀にクセはそれほど強く無いが伸びが悪いという特殊な方も存在しますが、その場合ナチュラルを試して頂きご相談のうえスーパーに変更される方が年に1名程度いらっしゃいます。
多くののクセはナチュラルで対応出来ますのでご安心下さい。

 

A ダメージが「全くない」矯正は存在しません。

 
そのように広告されている薬剤やサロンもありますが、毛髪科学の観点からダメージが「ゼロ」は薬剤を使用する以上あり得ないのです。
アンビーでは薬剤ダメージや熱ダメージなど受けるダメージを抑えると同時に、受けるダメージと同等以上の「修復効果」を組み入れる事でダメージを極限まで軽減しています。お客様からは髪が良くなったと言われる事も多いのはこのおかげと自負しています。しかし傷んだ髪が縮毛矯正で「良くなる、治る」事は無いのです。クセを抑えてタンパク質を補給して、キューティクルを整えた状態の髪は「良くなった」と錯覚しがちですが、充分な手入れが必要なのです。

 

A ほぼ出来ます。

 
ビビリという極度のダメージ状態でない限り、縮毛矯正をする事が出来ます。現状発売されている薬剤の中で最もダメージが少ない「スピエラ」という弱酸性の薬剤やスピエラに次いでダメージが少ない「システアミン」「チオグリセリン」を主に使用します。しかしダメージがゼロでは無いので、必要がない限りは根本だけの縮毛矯正をお薦めしています。
ダメージのある毛先まで縮毛矯正をする場合はトリートメントをお願いしています。

 

A 出来ます。

 
アンビーでは「ストレート&デジタルカール」と言うメニューとして扱っております。根本のクセを伸ばし毛先にカールを付けたい場合などにご利用下さい。単体のメニューよりもお時間がかかりますのでご注意下さい。

 

A 場合によっては必要です。

 
現状のダメージが強い場合は、同時にトリートメントをお薦めします。トリートメントでは縮毛矯正で使用されるタンパク質の4〜5倍のタンパク質を使用しますので、かなりの効果が期待出来ます。
現在は毛先まで施術する場合は安全性の観点からトリートメントを必須とさせていただいております。
施術者がどうしてもトリートメントが必要と判断した髪でトリートメントを希望されない場合は施術をお断りする場合があります。

A必須とさせて頂いてる場合もあります。

髪のには耐久力があります。envieの縮毛矯正はこの髪の耐久力の範囲内で行います。
髪の耐久力はダメージによって減少しますので、耐久力内では癖が伸ばせない場合や危険が生じると判断した場合は「必要です」とお伝えしています。
耐久力を無視した縮毛矯正は強い傷みやびびりの原因となりますので、施術をお断りする場合があります。
トリートメントをした方が仕上がりが良くなる可能性がある場合もトリートメントをオススメしますが必須ではありませんのでお客様の判断で決定して頂きます。
※トリートメントが必須の髪でトリートメント無しで施術をした場合は期間保障を受ける事が出来ません。

 

A 100%治せるとは言えませんが、改善する可能性があります。  LinkIconビビリ修復例

 
現在正式なメニューとしては扱っておりませんがメニュー化を検討しております。ビビリ修復はその状態によってかなりの危険を伴いますので、ご理解下さい。ご相談は随時承っております。
ほとんど場合改善したと感じて頂けますが、改善の幅や感じ方は個人差があり。
確定的な表現を使う事は出来ません。
※2009.2 修復技術の相談、施術を一時休止しております。
※2009.7 相談、施術を限定的に再開しました。詳しくは→LinkIconビビリ修復のお問い合わせ

 

A 大丈夫です。

 
ショートでも自然な仕上がりに出来ますので、男性も安心してご利用頂けます。全体に縮毛矯正をかける場合は5cmほど長さが有れば可能です。
ポイント矯正などと組み合わせてクセを活かしたスタイルなども対応しています。お気軽にお問い合わせ下さい。

 

A お薦めしません。

 
ダメージなどの観点から、同時施術はお薦めしていません。
特にクセの強い方は法律の関係上同時施術で使える薬剤が限られてしまいます。
出来る限り4日〜一週間程度あけて施術する事おすすめします。
どうしてもと言う方はご相談下さい。

 

A  トリートメントメニューを同時する事で対応可能です。

 
特に髪が堅くクセが強い方や毛先まで頻繁に矯正を行う事によってタンパク質が癒着して起こる症状なので100%改善する事は難しいです。
当店には癒着した状態にも有効な薬剤もありますので対処する事は出来ます。しかしこの状態はとても髪内部成分が少なくトリートメントを同時に
行い、栄養を通常よりたっぷりと補給しながらでないと柔らかい質感は取り戻せません。一回の施術で良くなる場合も有りますし癒着が酷い場合は「ビビリ修正」や継続的なトリートメントが必要な場合も有ります。
状態が良くなっても毎回毛先までの施術はお薦めしません。
柔らかくなった毛先は当店のトリートメントとホームケアで保持して方が髪には良いです。

 

A  ダメージを0(ゼロ)にする事は出来ませんがかなり軽減する事は出来ます。

 
いつも髪が傷んでしまったり、切れてしまう方は髪が細かったりもともと髪の構造が弱く傷み易い髪の場合が多いです。
こういう髪の場合は薬剤を癖の強さとダメージだけで判断する従来の矯正方法ではなく、癖の強さ、ダメージ、髪質の3つの要素で薬剤を選択する必要が有ります。envieでは特殊な髪質や極端に弱い髪質にも対応出来るよう数多くの薬剤を取り揃え、使いこなす知識と技術があります。
またトリートメントの施術法も毛髪強度を上げながら施術するenvie独自の方法を行っておりますので、通常のサロンのダメージよりも相当なダメージを軽減出来るのです。
実際envieに来てから髪が伸ばせるようになったとおっしゃるお客様が数多くおります。

 

A 24時間は控えてください。

 
きちんと縮毛矯正がかかっている場合、すぐに髪を洗っても極端に戻りが出たりする事はありません。
しかし、髪の内部での反応がすべて完了してる訳ではなく、のこり数%の反応を空気中の酸素(空気酸化)によって完了させ、安定させる為の時間だと思って下さい。
その為、「絶対濡らしてはいけない」、「雨にぬれたらくせが戻る」などはありませんので
濡れたら出来るだけすぐに乾かし安定状態に戻してあげて下さい。
シャンプーにはアルカリ性のものもあり安定状態を阻害する可能性がありますので、控えた方が良いです。
髪を結ぶのも入浴や洗面時など跡がつかない程度なら大丈夫です。

MENULinkIcon
縮毛矯正の詳細へLinkIcon
トップページへLinkIcon