縮毛矯正とトリートメントなら高円寺の美容室envie

『ジアミンアレルギー』とは

髪を染色する上で、広くヘアカラー剤に使用されているものが「酸化染料」と呼ばれる化学成分です。
その「酸化染料」が原因となって起こるアレルギー性接触皮膚炎のことを美容業界では『ジアミンアレルギー』と習慣的に呼んでいます。

ジアミンとは

“ジアミン”とは「酸化染料」の染毛成分の中で、アレルギーを発症する頻度が高い「パラフェニレンジアミン」を含む「名前にジアミンがつく」酸化染料の俗称です。
 
「ジアミンアレルギー」の様な主に皮膚に障害のおこるものは「アレルギー性接触皮膚炎」と言われ、よく使われるアレルギー反応の分類では遅延型アレルギー反応という発症に時間を要するものに属しているため、美容院では発症せず自宅で腫れやかゆみが出ることがあります。
 

ジアミンアレルギーか判断するには

 
美容院では「 パッチテスト」という方法を用いてアレルギー反応が出るかを判別します。
※アンビーではご希望の方にパッチテストを行なっております。
 
特に以前にカラーリングで強いかゆみを感じたり腫れたりした事のある方はパッチテストをお勧めします。
 
アレルギー反応が出た方は病院で医師の指示に従ってください。 
通常のカラーリングは出来なくなります。

 

<準備>
実際に染めようとしているヘアカラーの第1剤と第2剤
綿棒
コットン
第1剤と第2剤を混合する小皿
 
---ここからパッチテスト---
1)第1剤と第2剤を指定された割合でとり出します。
とり出した第1剤と第2剤を、新しい綿棒で混ぜ合わせテスト液をつくります。
2)テスト液を綿棒にとり、腕の内側に10円硬貨大にうすく塗って自然乾燥させます。 テスト液は乾くまで衣服につかないように注意しましょう。30分くらい放置しても乾かない場合は液のつけ過ぎです。余分な液をコットンやティッシュペーパーでこすらないように軽くふきとってください。

3)そのまま触れずに48時間放置します。(時間を必ず守ってください。) テスト部位の観察はテスト液塗布後30分くらいと48時間後の2回行ってください。 そのとき、塗布部に発疹、発赤、かゆみ、水疱、刺激など皮膚の異常を感じた場合には、手などでこすらないで、すぐに洗い落とし染毛はしないでください。(48時間以前であっても、同じような異常を感じた場合も同様です。)
4)48時間経過後、異常がないことを確認したうえで、すぐにヘアカラーリングします。
---ここまでパッチテスト---
パッチテストが毎回必要な理由として考えられるのがアレルギー反応の性質です。
アレルギーは、アレルゲンと呼ばれる通常は無害な物質に対する過剰な反応を生じさせる事によって起こる反応である事で良くコップから水が溢れると表現されるようにアレルゲンの蓄積によって反応が出てしまうので「毎回」という規定がなされています。

ジアミンアレルギーでも出来るカラー


<ジアミンアレルギーの人向け>

 ノンジアミンカラー  ¥7,000(+tax)

主なカラーアレルギー源のジアミンを使わないカラーです、7レベルまでのトーンアップと白髪染めに対応しています。

<メリット>
ダメージが少ない、使い続けると髪質改善
カラー(ジアミン)のアレルギを持った人でも大丈夫。

<デメリット>
染めて2日くらいは色落ちする
あまり明るくはならない

※高円寺地域ではアンビーだけのオリジナルカラーです


<白髪の少ない人向け>

 マニキュア  ¥5,000(+tax)

白髪が少ない人、ジアミンアレルギーの人向けに昔からあるカラーです。
ダメージが少なく髪に艶が出るのが特徴です。
アンビーではブラウン系を中心のラインナップとなります。